恥垢とは?正しい処理方法

恥垢は女性のデリケートゾーンから出る分泌液が固まって垢の様になったものをいいます。

 

ちょっと痒いな…と思って陰部を掻いたら爪に恥垢(白いカス)が溜まっていた、なんて経験はありませんか?

 

その正体は古い角質や細菌の死骸、薄い黄色で乾燥したもので時には白くポロポロとしている時もあります。

 

女性のデリケートゾーンは自浄作用を自らもっており分泌液が自然と体外に排出されます。

 

したがって恥垢が出ることはごく自然なことで特別なことではありません。

 

さほど気にならない程度であれば問題がありませんが、恥垢の量が多い気がする、デリケートゾーンの臭いがきつい、という時はデリケートゾーンからSOSが出ている可能性もあるので、自分の体と向き合うことも大切です。

デリケートゾーンとの向き合い方

ヒトは自分で自分の体を守る自浄作用がありますが、何もケアしなければ悪臭や痒みなどのトラブルに見舞われてしまう場合もあります。

 

臭いがある女性なんて絶対なりたくない!と思うかもしれません。ですが、普段からのケアを怠ると下着やスカートを履いていても臭いがわかるものなのです。

 

また、トイレの使用後に後から入ってくる人に気づかれるパターンも…。

 

ではどのようにケアすればよいのでしょうか?

デリケートゾーンを正しく洗う方法

恥垢を正常な状態にするにはデリケートゾーンに溜まった雑菌の餌となる汚れを正しく取り除き、ケアすれば菌が繁殖することがなくなります。

 

ですが、先程も申し上げた通りデリケートゾーンには自浄作用があるためあまり洗いすぎると体を守る大切な菌までも洗い流してしまい免疫が落ち逆に病気や性病にかかりやすくなってしまいます。

 

デリケートゾーンを石鹸でごしごし洗い、しみたり痛かった経験は誰にでもあるのではないでしょうか?

 

臭いを消したい、綺麗にしておかないと…という気持ちが強ければ強いほど綺麗さっぱり洗いたくなるものですが、これは間違い。

 

デリケートゾーンは他の部位の皮膚とは違い市販の石鹸やボディソープでは刺激が強すぎて傷をつけてしまうことがあるのです。

 

デリケートゾーンをきちんとケアしたいのならデリケートゾーン専用のソープを使用し、泡で優しく包み洗いを心がけることが大切です。

 

それだけで、臭いや黒ずみなどのトラブルが改善されやすくなります。

 

デリケートゾーンの臭い、黒ずみは程度がひどくないのであれば、産婦人科に行かなくても自宅でケアが可能です。

 

まずは今使っているソープに刺激性がないか確認してください。

 

大切なことは自分の合ったソープを使うことなので、今使っているものが市販で購入した刺激性が強いものであれば低刺激性、もしくはオーガニック性のソープにキリカ手見てくださいね。