排卵日にデリケートゾーンが臭くなる理由

デリケートゾーンの臭いは生理周期と密接に関わっています。生理周期の中でニオイに大きな変化を与える一つは排卵日です。

 

排卵日が近づくとオリモノの質が変わります。さらさらしていたものがとろみのあるものになり、色が少し白濁します。そして、酸っぱい臭いに変化します。

 

これは精子と卵子の受精を助けるための働きなので、不快感を感じたとしても排卵日のための変化として受け入れるしかありません。

 

ですがいつもと違う臭いがするため自分でもこの臭いが気になってしまうもの。またオリモノ自体の量も増えるので臭いもキツくなり、オリモノには雑菌が繁殖しやすいので雑菌による臭いも発生します。

 

またオリモノが蒸れてしまうことでより臭いが強くなってしまいます。こういったことが原因で排卵日あたりはデリケートゾーンが臭くなってしまうのです。

 

オリモノの臭いを消すことはできませんが、管理することは可能です。オリモノシートなどを使って排出されたオリモノを定期的に取り除いたり、正しい方法でデリケートゾーンを清潔に保つことも必要です。

 

デリケートゾーンの正しい洗い方はこちら

生理(経血)中の臭い対策

経血は免疫力が低下していたり、婦人科系の病気を患うと臭いが強くなります。病気が疑われる場合は病院にかかる他ないのですが、病気が理由でない時には消臭対策を行えば大抵臭いは気にならなくなります。

 

生理中は、雑菌が繁殖しやすい状況です。まずナプキンをこまめに取り替えるようにしましょう。経血は流れ出てからおよそ三時間程度で雑菌が繁殖するとされています。

 

長時間同じナプキンを付けていると肌荒れ、痒みの原因にもなりかねません。昨今では、布ナプキンと言って通気性のいいナプキンもあります。むれにくい素材ですので、こちらも試してみるのもひとつです。

 

生理中、陰部が臭いを発するところだからといって、ゴシゴシと強めに洗うのは間違いです。優しく石鹸を使い、ぬるま湯で洗うようにしましょう。

 

洗いすぎはかえってキツい臭いの原因となります。下着をこまめに変えて清潔を保つことが最重要です。

産後にデリケートゾーンが臭くなる理由

産後にデリケートゾーンが臭くなるのは、悪露(おろ)という血なまぐさい臭いの分泌物が排出されるためです。

 

悪露とは母体に残った胎盤や卵膜、リンパ液の残りなどが混ざった分泌物で、悪露が排出されるのは、子宮に残った不要なものを出し、子宮が回復する過程で行われる自然の生理現象です。

 

出産後の一週間は特に臭いがきつく生理に近い色をしていますが、二週間を過ぎれば子宮内の出血が少なくなるので、臭いが徐々に軽減され色も茶褐色から黄色っぽい色になります。
一ヶ月経てば、ほとんどの方は無色透明になり、臭いも気にならなくなります。これは子宮が十分に回復した証拠です。

 

細菌性膣炎が原因で、産後にデリケートゾーンが臭くなることもあります。出産後は体内のホルモンバランスが崩れるので、膣内の環境が悪化して細菌性膣炎を発症しやすくなります。

 

細菌性腟炎とは、膣の中がカンジダ菌などの細菌に感染してしまい、膣内が炎症を起こしている状態で、発症すると魚が腐ったような生臭い臭いを放つといわれています。

 

本来膣の中は自浄作用が働いていますが、ホルモンバランスが崩れると自浄作用が低下してしまい、外部からの細菌の侵入を防ぐ事が難しくなってしまいます。

 

ホルモンバランスが崩れると体質が変わり汗かきになったり、産後の影響で尿漏れすることがあるので、下着内で雑菌が繁殖して細菌性膣炎になることもあります。