妊娠中にデリケートゾーンが臭くなってしまう原因

妊娠中 臭い

妊娠中は様々なマイナートラブルが起こりますが、その中でも多くの妊婦さんが感じるのが体臭やオリモノの変化です。

 

妊娠中はなぜ自分の臭いが変化してしまうのでしょうか?

 

妊娠中の臭いトラブルについて調査しました。

妊娠中に体臭が強くなる原因

ホルモンの影響

妊娠すると卵胞ホルモンのエストロゲン、黄体ホルモンのプロゲステロンが沢山分泌され、おりもの量が増します。またホルモンバランスの乱れから汗をかき陰部の臭いが過剰になることもあります。

 

そのためデリケートゾーンの臭いが気になる場合があります。妊娠中のおりものは、菌の侵入を防ぐため少し酸っぱい臭いがしますが、それはおりものが酸性のためです。

 

特に妊娠中期はおりものの量が増える人が多いです。透明や白系色のサラサラ状のおりものの状態は健康で、量が増えても臭い・色に変化がみられなければ大丈夫ですので安心しましょう。

菌や病気によるもの

デリケートゾーンの臭いの原因は、菌や病気によるものもあります。

 

菌によるものとしては、ストッキング等で陰部が蒸れ汗をかきやすくなるため、尿・おりもの等により菌が繁殖しやすい状態になり、過剰に菌が増えると臭いを放ってしまうのです。

 

妊娠中の子宮・腟の病気では、ガンジダ腟炎・トリコモナス腟炎・細菌性腟症があり、おりものの異変や臭いがきつくなる場合があります。

 

いつもと違うと感じたら必ず医師に相談しましょう。

 

妊娠中に陰部の臭いを消してくれたボディーソープレビューはこちら