妊娠中にデリケートゾーンが臭くなってしまう原因

妊娠中 臭い

妊娠中は様々なマイナートラブルが起こりますが、その中でも多くの妊婦さんが感じるのが体臭やオリモノの変化です。

 

特にオリモノの臭いが強くなり、ちゃんとケアしていても服に臭いがついて旦那さんや子供に臭いを指摘されてショックを受ける妊婦さんも少なくありません。

 

妊娠中はなぜ自分の臭いがここまで変化してしまうのでしょうか?

 

妊娠中といえど臭いはデリケートな問題。可能であれば臭いがしてこないように努力して、気持ちよく出産したいですよね。

 

そこで妊娠中に体臭が強くなる原因について調査しました。

妊娠中に体臭が強くなる原因

ホルモンの影響

妊娠すると卵胞ホルモンのエストロゲン、黄体ホルモンのプロゲステロンが沢山分泌され、おりもの量が増します。

 

またホルモンバランスの乱れから汗をかき陰部の臭いが強くなることもあります。

 

増えたオリモノと汗が混ざり合い、雑菌が繁殖してデリケートゾーンの臭いがイカ臭くなる女性が多いです。

 

妊娠中のおりものは、菌の侵入を防ぐため少し酸っぱい臭いがしますが、それはおりものが酸性のためです。

 

特に妊娠中期はおりものの量が増える人が多いです。透明や白系色のサラサラ状のおりものの状態は健康で、量が増えても臭い・色に変化がみられなければ大丈夫ですので安心しましょう。

菌や病気によるもの

デリケートゾーンの臭いの原因は、菌や病気によるものもあります。

 

菌によるものとしては、ストッキング等で陰部が蒸れ汗をかきやすくなり、尿・おりもの等により菌が繁殖しやすい状態になって、過剰に菌が増えると臭いを放ってしまいます。

 

妊娠中の子宮・腟の病気では、ガンジダ腟炎・トリコモナス腟炎・細菌性腟症があり、おりものの異変や臭いがきつくなる場合があります。

 

いつもと違うと感じたら必ず医師に相談しましょう。

妊娠中のアソコの臭い対策

妊娠中のデリケートゾーンは特に刺激を与えずに臭いケアをしたいところ。

 

石鹸を使ってゴシゴシ洗うと余計に臭いが増してしまうので絶対にNGです。

 

妊娠中のデリケートゾーンの臭いケアで簡単なのは日中はオリモノシートをこまめに変えて、入浴中は刺激がないオーガニックソープで優しく洗うと理想的です。

 

妊娠中に陰部の臭いを消してくれたボディーソープレビューはこちら

 

日中にオリモノシートを変える際、サッと一手間加えてシートで引き取るとすでにおりもので臭ってしまった陰部の臭いを消せるので、デリケートゾーンようのオリモノシートがあると違います。

 

オリモノシートを変えるだけではなく、すでに臭っているアソコを拭き取りたいという方はジャムウシートがおすすめです。

 

 

↓1,000円でアソコの臭いケアが可能です↓

7703