膣のゆるみをとるとれーにんぐ方法

膣がゆるい

パートナーとスキンシップを取っている時に「膣がゆるい」と指摘されショックを受ける女性も少なくありません。

 

またお風呂から上がると膣から水がたくさん出てきてしまう…など私生活で膣の緩さに困っている女性もいます。

 

膣が緩くなる原因は出産、肥満、姿勢、加齢による低下など様々です。膣の緩さは治らないのかというとそんなことはありません!

 

しっかりとトレーニングすれば引き締まり、自分が理想としていたプライベートを送れるようになります。

 

ここでは緩んでしまった膣をまた引き締めるトレーニング方法をご紹介します。

 

膣トレーニング方法

膣のゆるみは骨盤低筋の低下なので、この筋肉を鍛えるトレーニングをするのが基本になります。

 

この骨盤低筋を鍛えると尿漏、骨盤の開き、O脚も防げるようになるので、これらに悩んでいる女性にも是非取り組んでほしい方法です。

 

@脚を肩幅に開いて立ちます

A息を吸いながら5秒間、肛門と膣に力を入れて引き締めます

Bその状態を5秒間キープします

 

このトレーニングを毎日続けて行ってください。ですがこの方法は効果を感じるまでに時間がかかるのがデメリットです。

 

1年近くかかるので、根気よく続ける必要があります。

 

ヨガ

次に簡単なのがスクワットやヨガです。スクワットをするだけでも膣トレーニングになります。

 

筋肉量アップにもつながり太ももや脚の引き締め効果も期待できます。

 

その他、履くだけで膣トレーニングができる下着もあります。

 

道具や自分の指を入れて膣トレーニングをする方法に抵抗があれば、履くだけで膣トレーニングできる下着はとっても便利です。

 

アンボーテフェミニーナウォッシュを実際に使った口コミレビューはこちら