デリケートゾーンの臭いケアに制汗剤はOK?

デリケートゾーンの臭いが気になった時、制汗剤やケアしようとデリケートゾーンに制汗剤を吹きかけている。という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

今制汗剤と言えば強力な体臭抑制効果があるものも存在し、日常的に体臭ケアに使用されている方も多いと思います。

 

オリモノや生理臭がキツイ時、制汗剤があれば臭いが取れそう!といったイメージもありますが、実際制汗剤をデリケートゾーンに使用することで効果は得られるのでしょうか?

制汗剤をデリケートゾーンに使用することについて

実は制汗剤をデリケートゾーンに使用した場合、得られるメリットよりもデメリットのほうが多くなります。そのため、制汗剤を使ってのデリケートゾーンの臭いケアはオススメできません。

 

制汗剤でデリケートゾーンの臭いを抑えようとすると

 

陰部のかぶれ

陰部の痒み

乾燥が悪化

バリア機能の崩壊

香料と混ざり合いさらに悪臭になる

 

といった原因のもとになります。制汗剤には添加物や保存料が入っているので、これらはデリケートゾーンの皮膚に刺激を与えます。

 

デリケートゾーン 制汗剤

デリケートゾーンは制汗剤に含まれている成分に耐えられる皮膚構造ではありません。そのため間違った使用方法をすると上記のような問題が出てしまうのです。

 

また、使用し続けることで様々なトラブルが出れば陰部の黒ずみの原因にもなります。

 

デリケートゾーンの臭いが気になった時は制汗剤ではなく、アンボーテのようなデリケートゾーン専用のソープでケアする方法がオススメです。

 

デリケートゾーン専用ソープであれば、肌に優しい成分しか配合されていないので、安心して使え、さらにしっかりと臭いを取り去ってくれる成分も配合されています。

 

アンボーテはデリケートな赤ちゃんの肌にも使えるほど肌に優しいソープで、しっかりと臭いケアもしてくれます。

 

私がアンボーテを使った時、使用した翌日からデリケートゾーンの臭いが軽減されているのを実感しました。

 

デリケートゾーンの間違った臭いケアはさらに悪化させる原因となるので正しい方法、知識を持ってケアするようにしてくださいね。