デリケートゾーンと痔の関係性

女性が気になるデリケートゾーンの臭い。

 

この臭いはデリケートゾーンに繁殖する雑菌が原因ですが、女性器の雑菌による臭いだけではないという事実をご存じでしょうか?

 

実はデリケートゾーンの臭いの原因には、肛門も関係していると言われています。

 

女性は便秘になりやすい体質の方が多いため、便を排出するときに強くいきんでしまい、その際に肛門が切れて切れ痔になったり痔核ができてイボ痔になってしまう方も多いです。

 

この切れ痔の傷口から出る血液や分泌液に雑菌が繁殖すると臭いの元となってしまうことがあります。

 

排便後にトイレットペーパーでごしごしと肛門を擦るのはNG!

 

この摩擦によって肛門が傷つけられてしまうので、ウォシュレット機能があればウォシュレットで優しく洗浄する方法もおすすめです。

 

では、痔を予防するにはどうしたらよいのでしょうか。

 

痔を予防する理想的な方法は食事療法です。便が大腸内で固くなってしまうのが原因なので、食物繊維と乳酸菌を意識して積極的に摂ることを心がけましょう。

 

食物繊維には二種類あり海藻などに多く含まれる水溶性食物繊維と、いも類などに多く含まれる不溶性食物繊維があります。

 

便秘を改善するためにはこれらを1:2のバランスで摂ることが理想的です。

 

また、乳酸菌はヨーグルトから摂るよりも、納豆やぬか漬けなどの発酵食品から摂るほうがより効果があると言われています。

 

また、お風呂で肛門を洗う際には透明レスタミン石鹸などの肛門科で推奨されている石鹸を使うといいでしょう。

 

ごしごしと擦らず、よく石鹸を泡立てて指のはらで優しく洗ってください。

 

病院に行くのが恥ずかしいからといって市販のお薬をつけてやり過ごしている方も多いかと思いますが、恥ずかしがらずにきちんと病院にかかって専門医に診てもらうのが一番早く解決し、デリケートゾーンの臭いを抑えられます。

 

便秘体質でデリケートゾーンに臭いを感じたら女性器だけでなく、痔の可能性も疑ってみてくださいね。