性交渉後、デリケートゾーンの臭いが強くなってしまう原因

女性は誰しも性交渉の前後でデリケートゾーンの臭いが気になるものですよね。

 

もし性交渉後のデリケートゾーンの臭いの原因が自分側になるのだとしたら、それはスソワキガかもしれません。

 

デリケートゾーンは正常であっても多少なりとも臭いがするものですが、ワキガ体質の女性の場合、スソワキガ臭がしてきます。

 

膣からスソワキガの臭いがする主な原因は膣の中にあるアポクリン腺という汗腺です。

 

アポクリン腺から出る白い汗が皮膚の菌となり強い臭いへと変わります。

 

特に性交渉後は汗をかき体が興奮状態になるのでアポクリン汗腺が刺激され普段以上に臭いが強くなる可能性が高いのです。

 

しかし、性交渉後のデリケートゾーンの臭いの原因はこれ以外にもあります。

 

まずはコンドームなど避妊具の臭いです。コンドームを実際に嗅いでみるとわかりますが、意外とゴム臭いのがわかります。

 

この臭いがおりものと混ざることによって強い臭いになることがあります。

 

また、夫婦などでコンドームなどの避妊具を着けずに性交渉を行った場合は、膣の中に精液が入ります。

 

この精液はある程度の時間で自然と外に排出されますが、そのときに普段のおりものだと思っているといつもと違う臭いがして臭い!と思ってしまうのです。

 

また、性交渉から1日〜2日くらいは膣内に精液が残っているために臭いを感じることがありますが、それ以上経ってから臭いを感じ、更にその臭いが継続する場合は注意が必要です。

 

その場合は性感染症の疑いがあることも考えられます。

 

クラミジアや淋病、トリコモナス腟炎などといった性感染症にかかっている疑いがあるので、必ずパートナーと一緒に病院にかかることをお勧めします。

 

性交渉後はどうしても体の臭いが強くなりがち。臭いでムードが壊されてしまうのは嫌ですよね。

 

なので少しでも自分のデリケートゾーンの臭いは抑えたいもの。

 

デリケートゾーンの臭いを抑えるソープにおすすめなのがアンボーテです。

 

デリケートゾーン用のソープは様々ありますが、ほとんどがその場しのぎのものがほとんどです。

 

いざ!という時、シャワーを浴びれない時ってありますよね。だからこそ普段から臭いがしにくいデリケートゾーンにしておくことが大切です。

 

アンボーテは使い続けることによって「臭いが抑えられるデリケートゾーンへと変わる」のが特徴のオーガニックソープです。

 

うるおうことで保湿し、雑菌などで蒸れにくい環境へと整えてくれます。

 

性交渉を宝物の時間にしたい方は、自分が使っているデリケートゾーン用のソープを見直してみてくださいね。

 

 

▼アンボーテの最安値通販はこちら▼

★42%OFFキャンペーン実施中★