オリモノが臭い!その原因とは?

オリモノは女性にとって、とても気になるものですよね。

 

特に、周りにオリモのの匂いがしていないかと気にしている女性は多いものです。

 

そもそもオリモノは子宮内膜などの粘液や膣内で古くなって剥がれた細胞が混ざってできたもので、基本的には無味無臭です。

 

しかし、乾燥すると酸っぱいにおいを発することもあります。

 

ただ、外に漏れだすほど異常に酸っぱい臭いがすることがあります。

 

しゃがんだ時にオリモノの臭いが鼻をつく、モワンとしたオリモノ臭が気になるという女性も少なくないのです。

 

ではなぜオリモノがここまで臭くなってしまうのでしょうか?

オリモノが臭くなる原因

ストレス

ストレスをためると体に様々な体調の不良を起こします。その一つがオリモノの酸っぱい匂い。

 

ストレスが溜まることで女性ホルモンが乱れ、結果オリモノの元の一つである菌が繁殖してしまうのです。

 

この菌が増殖するとおりものからすっぱい臭いが発せられるようになります。

 

日常生活を送る中でまったくストレスを感じずに過ごすのは不可能に近いですが、リラックスできる時間をもち、少しでもストレスをためないような日々を過ごすように心がけましょう。

洗いすぎ

デリケートゾーンの臭いの気にしすぎがオリモノの臭いを酸っぱくしている可能性も考えられます。

 

デリケートゾーンの臭いを気にして無理に洗いすぎてしまうという事ってありますよね。

 

実はこれがオリモノ自体が臭いを抑える作用の妨げになってしまうことがあるのです。

 

デリケートゾーンの臭いが気になる場合は専用のボディーソープを使いゴシゴシ洗いではなく泡で優しく洗うようにしてください。

 

ただ、生理前の場合の多少の酸っぱい臭いは異常ではありません。

 

膣の中には元々乳酸桿菌という菌が乳酸を分泌することで酸っぱい匂いがするものなのです。

 

その匂いが生理前に強くなりやすいといわれています。

抗生物質

抗生物質は病原菌を抑えると同時に、善玉菌の働きも抑制してしまうこともあり、デリケートゾーンの健康な状態を保つ菌の働きも抑制してしまう可能性があります。

 

そのため抗生物質を服用している間は雑菌が繁殖し、おりものが臭くなる場合があります。

 

この場合、抗生物質を飲み終えれば正常な臭いに戻ります。

感染症

感染症にかかった場合、産婦人科に行き治療を受ける必要があります。

 

詳しくは「洋服に染みつくほど陰部のニオイが強くなっている原因」を参考にしてみてください。

 

感染症にかかっていたり、抗生物質を飲んでオリモノの臭いが強くなるのは稀なケースだと考えると、ストレスや日々のデリケートゾーンの洗い方が間違っていることがオリモノの臭いが強くなってしまう原因の大部分を占めます。

 

普段食べているものなども体臭に関わってきますが(参考:陰部の臭いが強くなる食生活)オリモノの臭いが異常だと感じる場合は、正しくデリケートゾーンを洗うことが大切です。(参考:デリケートゾーンの正しい洗い方

 

市販のソープでは刺激が強いと自分の体から発せられたSOSに気づいて、正しくケアしてくださいね。

 

オリモノ臭が強いデリケートゾーンに使えるオーガニックソープを使った口コミも当サイトでご紹介しています。