陰部のニオイが強くなっている原因は?

女性の困った画像

入浴中に念入りに洗っても日中にモワン…としてくる陰部の強いニオイ。どうしてこんなに臭うの?自分のおまた大丈夫?なんて思ってしまいますよね。

 

デリケートゾーンのニオイはおりもの、尿、汗、垢、経血を餌にしている雑菌の老廃物が原因です。またアポクリン汗腺から分泌される皮脂やアンモニア、高温多湿の環境が雑菌が繁殖に拍車をかけニオイを発生させてしまっています。

 

通常、陰部は雑菌が増殖するのである程度の臭いが発生するのは当然です。全く健康な人でもある程度の臭いはします。

 

ですが、「自分は明らかに臭いが強い」「昔よりも臭いが気になるようになった」と気づく傾向として、感染症や体調不良、異物の混入が挙げられます。

 

自分のデリケートゾーンはなぜ気になるほどニオイが出てしまうのでしょうか?

 

陰部のニオイを強くさせてしまっている原因を以下に紹介します。自分に当てはまるものがないかチェックしてみてください。

 

感染症

陰部が強く臭ってしまう原因として、一番よくあるパターンに感染症が挙げられます。陰部の臭いが伴う性感染症として以下が挙げられます。

 

感染症の種類

・淋菌感染症

・カンジダ膣炎

・膣トリコモナス症

・クラミジア感染症

 

このなかで一番身近な感染症はカンジダ膣炎です。

カッテージチーズ

カンジダ膣炎は悪臭を伴う白い塊のオリモノが出て、下着に付着するとカッテージチーズ状のオリモノが付着します。

 

自分がカンジダ膣炎かもしれないと思ったら婦人科を受診して医師の診察を受けましょう。

 

体調不良

ストレスが溜まっていたり、睡眠不足が連続するとオリモノの量が増え、いつもの臭いからイカ臭、チーズ臭といった臭いが発生してきます。

 

体の免疫力が低下し、膣の自浄作用が下がってしまうのです。

 

異物が入ってしまっている

タンポン

陰部にタンポンが入ったままの場合、臭いが発生してきます。長い間そのままにしておくと交換してもしばらく臭いがしたままになってしまうので、こまめに交換するようにしましょう。

 

またオリモノ自体はそれほど臭いはないものの、オリモノシートを長時間つけていると雑菌が繁殖して放っておくとどんどん臭いが強くなってしまうのでオリモノシートもこまめに交換するようにしてください。

 

洗いすぎ

トイレのビデ

臭いを無くそうとするあまり、刺激が強いソープでゴシゴシを洗ったり、ビデの使いすぎ、シャワーで膣の中まで洗っているなどは逆効果です。

 

膣の自浄作用を落とし、陰部を正常に保つための善玉菌までも洗い流してしまい、皮膚のバリア機能を弱めてしまっている可能性が高いです。

 

オリモノがチーズ臭い原因

デリケートゾーンはなんとなく臭っているような、臭わない日もあるようなものは対処が難しいものです。その中でも原因がよくわからない臭いとしておりものから”チーズのような”発酵臭がする事。

 

実はチーズの様な臭いは、おりものではなくデリケートゾーンの汚れの洗い残しが原因となっている可能性があります。

 

毎日ちゃんとお風呂に入っていても、意外とデリケートゾーンに時間を掛けてケアしている方は少ないのではないでしょうか。

 

形状が複雑なデリケートゾーンはしっかり洗っているつもりでもアカや汚れが落としきれていない事が多いのです。

 

ボディタオルでこすったり、流水で長い時間流してしまうと弱い素肌が傷んでしまうこともあるので、指で丁寧に、専用の石鹸を使って洗浄してあげると、臭いを抑える事ができますよ。

 

臭いの原因を突き止めることが大切

女性

陰部が臭う原因は様々あり、1つだけが原因になっているというよりも、いろんな要因が積み重なって臭いが強くなっている可能性があります。

 

強烈な臭い、感染症がある場合は婦人科への受診が一番ですが、日常的にできるケアとしては陰部のケアに適した洗浄成分で、正しい方法で陰部を洗ってあげることが大切です。

 

そして正しい知識をもつこと。これが自分の陰部を正常に守るための必須項目です。

 

生理中の臭い、かゆみ、オリモノの臭いなど、日中にケアしたい程度の臭いであればアンボーテフェミニーナウォッシュは最適です。

 

安い市販のボディーウォッシュを使って膣の自浄作用を弱くさせ、逆に匂いトラブルを悪化させないようにしてくださいね。

 

アンボーテ フェミニーナウォッシュを実際に使用した口コミはこちら