デリケートゾーンの黒ずみの原因

陰部の黒ずみ

多くの女性が抱えるデリケートゾーンの悩み。その中でも黒ずみや色素沈着は深刻な悩みです。黒ずみがあると異性に勘違いされたり、温泉や水着などが楽しめなくなってしまいますよね。

 

ではなぜデリケートゾーンの黒ずみはできてしまうのでしょうか?

 

アンボーテフェミニーナウォッシュは黒ずみも消える?

デリケートゾーンは黒ずみができやすい

まず一つ目に言えるのが、デリケートゾーンの黒ずみは非常にできやすいということ。デリケートゾーンは皮膚が非常に薄く、まぶたの皮膚よりも薄いんです。

 

まぶたも非常に薄く柔らかいのに、ここよりもさらに薄いなんて驚いてしまいますよね。

 

そのためあらゆる刺激をうけやすく、その度にメラニンが生成されるので本人も気づかぬ間にいつのまにか黒ずみができてしまいます。

 

デリケートゾーンを締め付ける下着、パンツを毎日はいているだけで擦れる刺激を受け続けるため、常にメラニンが生成され続けます。

黒ずみができる原因は他の部位にできる黒ずみと同じ

本題に入りますが、デリケートゾーンが黒ずんでしまう原因は「メラニン生成」「ターンオーバーの乱れ」「ホルモンバランス(生活環境)の乱れ」「体質」が挙げられます。

 

メラニンというと紫外線を浴びて肌が黒くなる時に関係するものといったイメージがあるので、デリケートゾーンは日焼けしないから関係無いのでは?と思いがちですが、実は紫外線だけでメラニンができるわけではありません。

 

メラニンは肌がなんらかの刺激を受けた場合、肌が自分自身を保護しようとしてメラニン色素を出すので、ショーツのVラインのゴムが当たる部分などはいつも強い刺激を受けている為色素沈着を起こしやすくなります。

 

女性画像

また新しい細胞を作り出しシミを排出する肌のターンオーバーは加齢によって遅くなったり、ストレスや睡眠不足など悪しき生活習慣で乱れがちになります。

 

仕事やプライベートで睡眠時間が短く熟睡できていない、体内時計が狂ってしまうような生活リズムはいずれも肌のターンオーバーを乱し、肌細胞の代謝を悪化させます。

 

またデリケートゾーンは下着の締めつけや擦れによって刺激を受けやすい場所のため黒ずみができやすく、日常生活を送るだけでは綺麗になりにくい部分です。

黒ずみができやすい体質もある

生まれながらにして色白の人と肌が黒い人がいるように、もともと持っている肌質によっても黒ずみやすいかどうかが決まっています。

 

日焼けすると赤くなってすぐに白く戻るピンク肌の人は、乳首やデリケートゾーンも色素沈着を起こしにくいです。

 

反面、日焼けするとすぐに黒くなる人はデリケートゾーンも黒ずみやすいというもともとの体質もあります。

黒ずみをケアする方法は同じ

黒ずみケア方法

体質によってデリケートゾーンの黒ずみの出来やすさに違いはありますが、黒ずみをケアする方法は誰でも同じです。

 

まずは肌のターンオーバーを正常化させる事が重要!肌のターンオーバーは体内から働きかけるものなので、睡眠をしっかりととる肌の保湿を徹底するといった心がけが必要です。

 

アンボーテフェミニーナウォッシュはデリケートゾーンを清潔にするだけではなく肌に保湿を与え、乱れたターンオーバーの正常化を目指せるソープ。陰部の清潔状態を保ち、黒ずみ対策にもなります。

 

肌が露出する時に嫌な気持ちにならないようにするためにも、毎日の入浴タイムにケアを怠らないようにしましょう。