陰部の臭いを強くさせてしまう食生活

陰部の臭い 食生活

陰部の臭いが強いと悩んでいる女性に意識して欲しいのが普段の食生活です。

 

何気なく食べている食べ物の中にデリケートゾーンの臭いを強くさせてしまっている食べ物がある方は、これをなくすだけで臭いケアにつながります。
ここでは普段の食生活で陰部の臭いを強くさせてしまっている食べ物をご紹介します。

臭いが強いもの

臭いが強い食べ物としてニンニクやニラ、ネギ類が挙げられ、刺激の強い食べ物として唐辛子やキムチが挙げられます。

 

これらの食べ物はダイレクトに体臭を強めてしまいます。

 

臭いが出るまでの時間も早く、食べてから1時間ほどで体から臭いを発してしまいます。

 

刺激物の場合は汗を出すので普段以上に汗をかいてしまい下着の中が蒸れやすくなり、臭いを強めてしまいます。

 

学校や仕事で通勤する日はこういった臭いが強い食べ物は避けるようにしましょう。

たんぱく質に偏った食事

「たんぱく質の多い食事」も陰部の臭いの原因となります。

 

肉類やハムやソーセージなどの肉の加工品、チーズなどの乳製品は消化するまでに時間がかかります。

 

消化されるまで二時間がかかると腸内環境が悪玉菌優勢になります。

 

悪玉菌はたんぱく質を分解するときに腐敗臭を発し、この腐敗臭が腸に吸収されて血液に乗って全身を巡ってしまうので、陰部の臭いにも影響します。

 

加工食品ばかりの食事は体にもよくありません。普段から加工食品ばかりの人は食生活を見直してみましょう。

脂が多い食事

さらに「脂っこい食事」も臭いの原因です。

 

揚げ物を食べ過ぎると、皮脂腺から分泌される皮脂の量が増えてしまいます。

 

皮脂は菌のエサとなるのでそれが分解されることで不快な臭いを発生させてしまいます。

 

男性なら加齢臭にあたりますが、女性も加齢臭が発せられるので油断は禁物です。

 

こうした食生活の乱れが陰部の臭いをより強めることにつながります。

 

食習慣だけでなく、栄養が偏っていたり、食事そのものを抜いてしまったり、遅い時間にがっつりと食べてしまうようなことも陰部の臭いを強める原因に。

 

こうした食習慣が女性ホルモンのバランスを崩しホルモンバランスの乱れが陰部の臭いを強めてしまうことにもつながります。

 

何事もそうですが、体によい食事は「和食」です。

 

コンビニにでご飯を買う時も、カップラーメンなどの加工食品ではなく、サラダや和食系のおかずを選ぶようにすると体の内側から臭いケアにつながります。

 

体臭が気になる方は普段食べているものにも気を配り、食べるものが体を作っていることを意識して食材を選ぶようにしてくださいね。